FC2ブログ

記事一覧

20代の洗顔についてまとめた

ニキビを防ぐために、私は毎朝、果物を食べるようにしています。その時の旬の果物を必ず食べています。果物を食べるようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でも吹き出物ができなくなりました。便秘が治ったのも、吹き出物ができなくなった理由の一つと考えられるかもしれません。

顔を洗う回数は1日に何回がベストなのかご存知ですか。正解はずばり、朝と夜の2回です。これ以上顔を洗うのは肌をダメにしてしまう原因になってしまいます。何回もすればその分丈夫になるわけではなく、最高でも2回というのが美しい肌へと繋がっていくのです。

ニキビは男女を問わず嫌なものです。なるべくニキビにならないように対策をとっている人は大勢いると思います。ニキビケアに効果のある方法の一つに水洗顔が知られています。ニキビができたからと言って、洗顔をまめにやりすぎてしまったり、強力な洗浄力のある洗顔料で洗顔したくなってしまいますが、これらはダメなのです。

以前から敏感肌でほぼ化粧をしたことがありませんでしたが、ここのところは敏感肌用やアレルギーテスト済みの化粧品も増加してきました。敏感肌でも肌に害をもたらすことなく使用できる化粧下地も増加してきて、とても喜ばしいです。これからはちょっとでもおしゃれを嗜めそうです。

洗顔、スキンケアには保湿がもっとも大切です。入浴中には肌から水分がどんどん抜けます。そんな乾燥を防ぐために、化粧水や乳液をつけた後に保湿クリームの使用をオススメいたします。夜保湿クリームを使うと肌の潤いがあくる日の朝まで続き、メイクのノリも良くなります。

妊娠の初期はホルモンバランスの乱れといったことからニキビができやすくなってきます。また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビができる原因となります。だからといって、抗生剤等は使用できません。ホルモンバランスを整えていけるように、この時期にはリラックスして、休養するようにしましょう。

女性によくみられるニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスが乱れていることが考えられます。女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けると簡単に崩れてしまうということがわかってきました。また、特に生理の前は女性ホルモンが激しく乱れます。生理前になるとニキビに悩む女性が多くなるのも実はこの女性ホルモンの乱れからきているのです。

一般的に生理が近付いてくるとニキビが出てしまう女性は多いと思われます。ニキビの理由として、ホルモンバランスの崩れ、肌の状態が悪くなってしまうのと、生理が近付くとどうしても甘いものが欲しくなったりするので、ニキビが出てしまうことが多くなるのでしょう。

常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌が乾燥することを防ぐために、常に洗顔後はすぐ化粧水をつけてから、ゆっくり長湯を楽しんでいます。しかし、真冬の時期は化粧水だけでは入浴後の乾燥において不充分な気がするので、化粧水+保湿美容液もしっかり塗ってお風呂に入っていますが、これを実際に行うようになってから乾燥肌がだいぶ改善されつつあります。

肌の荒れは、いつ何時起こるのか分かりません。日頃、ちゃんとスキンケアをしていても、いろんな原因で肌荒れを起こしてしまいます。それなら、肌荒れが起きたときのスキンケアは、どうするのが正解なのでしょうか?肌が荒れた場合には、化粧品を使わない方もいますが、保湿だけはしっかりとする必要があるのです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント