FC2ブログ

記事一覧

普通の石鹸の洗顔を気にする方への情報

洗顔をする場合、ごしごしと洗うと乾燥肌にはたちどころに傷がつきますから、優しく洗顔するように心がけてください。かつ、化粧水は手に多めに取り、手の温度でちょっと温めるようにしてから肌につけるようにしましょう。温度と体温の差がせまいと浸透力がぐんと高まり、化粧水がより肌に浸透されやすくなります。

化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、多くの人は肌が衰えていくことを想像するのではないかと思いますが、実は正反対で肌は若返ります。化粧品の力というのは肌に悪影響を及ぼすので、それを全て取り除いてワセリンを塗るのみにするのが何よりも優しいスキンケアだと言えます。

ちょっと若々しくいたいと望むのは女性であれば程度同意して頂けることだと思います。実際の年齢と比べて若く、とまでは言いませんが、やはり年齢対策は意識し続けたいものです。昔からよく使われてきた馬油は保湿・菌を殺す力に優れ、血の流れを活発にする効果もあり、シミやシワを無くす効能が実際あると言われています。

母親はニキビが多くて、私本人も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた現在でも、よくニキビができてしまうので、お手入れは意識してしています。また、三歳になる娘もすでに鼻周りの毛穴に角質がつまり始めています。不憫なことに絶対にニキビのできやすい肌になりそうです。遺伝とは恐ろしいものだと思いました。

ニキビとは皮脂により毛穴が詰まってしまって、その中で炎症を起こしている状態のことです。乾燥肌だと皮脂が少ないことから毛穴を詰まらせることはないようなイメージを持ちがちですが、実際のところはそうではありません。皮脂の分泌量が異常に少ないと肌は湿度が低下しないように皮脂を大量に分泌します。その結果として、毛穴に目詰まりが発生してしまってニキビがになるということです。

吹き出物が出来てしまうと本当に憂鬱な気分になります。でも、実は肌の調子って腸内の調子と深く関係があるらしいので、お腹の中をきれいに整えたら、結構きれいに消えてなくなります。まずは、腸内さっぱり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維が豊富なものを意識的に食べて、不要なものを体外へ出していったら、吹き出物も消えてなくなります。

敏感肌のスキンケア用に使用する化粧水には、不必要なものが配合されていないシンプルなものを選ぶようにすることが大切です。界面活性剤などの成分が配合されていると、肌が突っ張ってしまうために肌にとって良くない事が起こったりします。だから、安めの化粧水だとしてもいいので、肌にたっぷりと浸透させて、保湿を行うことが重要です。

炎症を起こした状態のニキビは、顔を洗おうとした時などにほんの少し触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。ですから、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どれほど気になったとしても指で触ったりすることは絶対にやめてください。触ると痛いのももちろんですが、それが原因で指から雑菌が入って、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。

敏感肌の人の立場からすれば、乳液の原料は気になる部分です。刺激が強壮なのは逃れた方が好ましいですね。漸く使っても、さらに肌がかさついてしまってはどうしようか迷います。敏感肌向けの乳液も用意されているので、それを使うと適切かもしれません。敏感肌の形態も人によるので、自分に合った乳液を見定めるのが肝だと思います

ニキビの予防対策には、多くの種類があります。一番分かりやすいのは、洗顔になると思います。顔を洗う際は水だけで済まさずに、洗顔フォームを正しく使うと、より予防しやすくなります。顔を洗い終えたら、化粧水の利用により、ニキビ予防効果を更に高めることができます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント